車のシートの臭いを消す方法

車の座席シートの臭い取り タバコ、尿臭、汗臭を消臭するには?

車のシートに臭いが染みついてしまい、
なかなか取れなくて困っていませんか?


座席シートには、タバコ臭、おしっこ臭、
犬や猫のペット臭、汗臭など
さまざまな匂いが染みついてしまうことがありますよね。


しかも、このニオイがなかなか消えない・・・・・・


これでは、車に乗るたびに、
「ウッ」と顔をしかめることになっちゃいますよね(^^;)


楽しいはずのドライブも
ストレスを感じるものになってしまいます。


臭い


かといって、座席シートを交換するのは
非常に高額な金額になってしまうので、
無理な話ですよね。


車のシートの臭いを消臭するには
どうすればいいでしょうか?


◆ 消臭剤を使うのは?


手軽さや費用面などを考慮すると、
消臭剤を使うのは、効果的な対策になりますよね。


ただ、いくつか気をつけたい点もあるので、
注意点を紹介していきたいと思います。


まず、消臭力など、
車内に置いて使用する
消臭芳香剤がありますよね。


車内に置くだけなので、
とても簡単な方法です。


ただ、車内に置くタイプの消臭剤は、
車の中の臭いを消してくれるだけなんですね。


座席シートに染みついた悪臭そのものを
消してくれるわけではありません。


そのため、永久に消臭剤を使い続けなければならず、
根本的な解決にならないんですね。


◆ 消臭スプレーを使うのは?


消臭剤には、ファブリーズなど
スプレータイプのものもありますよね。


消臭スプレーも、とても手軽な方法で
効果的に臭い対策をすることができます。


しかし、消臭スプレーの中には、
悪臭を香りでごまかすタイプのものも多いので
注意が必要です。


また、臭いを消してくれるタイプのものでも、
悪臭の原因を元から消してくれるタイプのものは
かなり少ないんですね。


そのため、消臭スプレーを選ぶ際は、


★ 悪臭を元から消してくれるタイプのもの
★ クオリティの高いもの


を選ぶことをおすすめします。


◆ 臭いを元から消してくれる消臭スプレー『カンファペット』


車のシートに染みついた臭いを
元から消してくれるタイプのものに、
『カンファペット』という消臭スプレーがあります。


カンファペットは、悪臭を元から消してくれるだけでなく、
安全な成分のみを使用しているので、
安全性が非常に高いのも特長のひとつです。


カンファペットで使われている消臭技術は、
伊藤ハム、キッコーマン、アサヒビールなどの
大手企業でも採用
されているほど。


これなら、安心して使うことができますよね。
万が一、目や口に入っても大丈夫です。


カンファペットは、ペット向けの消臭剤ですが、
人間にも使うことができます。


車のシートをはじめ、さまざまな用途で使用することができますよ。


タバコのニオイ、汗臭、かび臭さなど、
いろいろな臭い対策に効果的です。


車のシートにこびりついた臭いで悩んでいる場合は、
よかったら、詳細をチェックしてみてくださいね。



▼ 30日間の返金保証付です ▼

車の臭い対策にファブリーズは効果がある?

車の臭いがひどいと、
楽しいはずのドライブも
快適なものではなくなってしまいますよね。


車内の臭い対策に、思いつく方法として
CMでも有名なファブリーズを使う方法があります。


ファブリーズは、車の臭い改善に
効果があるのでしょうか?


多少のニオイであれば、
ファブリーズで充分効果が期待できると思います。


ただ、タバコ臭だったり、加齢臭だったり、
においにはいろいろなものがありますが、
悪臭が強烈な場合は、
効果が期待できない可能性もあります。


ファブリーズの効果はマイルドなので、
においがひどい場合は、効果を実感できない
ケースもあるようですね。


そんな時は、においを元から消してくれる
消臭スプレーを使ってみることをおすすめします。


消臭スプレー『ヌーラ』は、
ニオイの原因を分子レベルで消してくれる消臭剤です。


消臭剤というと、他の香りでごまかしたり、
漂っている匂いを吸着することで
匂いをなくすタイプのものが多いです。


その点、ヌーラは、
臭いの原因そのものをなくしてくれるので、
根本的な臭い対策になるんですね。


車のシートをはじめ、
衣類や繊維製品に使うことができるので、
体臭や加齢臭対策にも重宝します。

車のシートの掃除方法

車のシートは黒系の色が多いので
あまり目立たないですが、
意外に汚れていることも多いです。


ホコリが溜まることもありますし、
車内で飲食した場合も汚れやすいですよね。


そのため、定期的に掃除をして
きれいにしていきましょう。


いきなり水拭きをすると、
シートに砂埃が溜まっていた場合、
シートを傷つけてしまう恐れがあります。


そのため、軽く掃除機をかけてから
水拭きをする方が安全です。


水拭きを終えたら、から拭きをしておくと
カビの防止にもなります。


その後は、扉を開けるなどして
換気を良くしておきましょう。

その他のカテゴリー